女性SEには様々なメリットがある

男性SEが多いシステムエンジニアの世界ですが、女性SEも活躍しています。そして、女性SEならではの様々なメリットがあります。

まず、仕事の面での女性差別が少ない点です。システムエンジニアの世界では、しっかりとした仕事ができれば、男性と同じように評価されます。そのため、プロジェクトリーダーが女性であることも、珍しくありません。

また、他の業界と比べて、給料が高いというメリットもあります。基本給はそれほど変わりませんが、SEは残業が多い仕事です。この残業代が、給料に大きく影響しています。

さらに、手に職を付けられることも大きなメリットです。IT業界は現在人手不足に苦しんでおり、それはシステムエンジニアも例外ではありません。そのためスキルがあれば再就職が他の職種に比べて容易にできるので、結婚や出産後も働きたいという人におすすめです。またフリーランスも選びやすい職種なので、結婚や出産を機にフリーのSEとして働くという選択もできます。

そして、人間関係でのメリットもあります。陰口や社内いじめなど、女性の多い職場では、人間関係のトラブルに巻き込まれることがあります。しかしIT企業は男性が多いので、女性との人間関係で悩むことはほとんどありません。仮に女性が多い職場でも、SEは自分の仕事が忙しくて他人にかまう暇がないので、トラブルは起きにくいといえます。

他にも、おしゃれを楽しめる点も、女性にとっては大きなメリットです。基本的にSEには、制服がありません。社会人として仕事に相応しい格好であれば、自由なファッションを楽しめます。服装だけでなく、髪型やネイル、アクセサリーなども仕事に支障をきたさなければ問題ありません。

総合的に考えれば、スキルがある女性にとってSEは、メリットが多い職業といえます。